なぜ動かない車が売れるのか

虫眼鏡と硬貨

交通事故を起こして変形してしまった車や、台風・洪水などで水没してしまった車は、もう廃車にするしかないと考えるかもしれません。また年式があまりにも古い車や、走行距離が長すぎる車も、一般的な中古車店では下取りの値段がつかないため、廃車処分にするのが普通です。廃車にすると一円にもならないどころか、解体費用のほか自動車リサイクル費用や登録抹消費用を取られてしまいます。ところが事故車でも買い取ってくれる専門店なら、普通は売却できない状態の車にも値段をつけることが可能です。事故車買取専門店のサービスを利用する方法は、普通の中古車店と基本的に変わりません。まずネットや電話で車の年式や走行距離や状態を伝え、おおまかな査定を受けます。より詳しい現地査定を受けることもでき、条件が合えば売却成立となります。それでは、なぜ状態の悪い車でも売却できるのでしょうか。事故車でも比較的状態の良い車なら、修理して中古車市場に出すことができます。また修理せずに事故車のままでオークションにかけられる場合もあります。まったく動かない車でも、パーツやくず鉄などの素材にバラすことで、買い手を見つけることができます。日本で使いみちがないパーツでも、海外ではまだまだ需要があるケースが少なくありません。近年では車のパーツも国際的な流通が盛んなので、従来よりも売却しやすくなっています。

修理歴があっても大丈夫

車の模型

事故車という言葉の定義はあいまいで、必ずしも正確な用語ではありません。ちょっとバンパーをぶつけたぐらいでは、事故車にはならないのが普通です。専門用語では修理歴車と呼びますが、これは屋根やフロアやピラーなど、骨格部分を修理した経歴のある車のことです。こうした車は構造的に弱くなっている可能性があるため要注意とされます。一方でドアやフェンダーを修理しても、修理歴に記載する必要はありません。ただし中古車店によっては、ちょっとした修理歴のある車でも事故車と呼ぶことがあります。事故車買取専門店では、修理歴車はもちろん不動車や水没車なども売却査定の対象になります。不動車にもいろいろな種類があり、パーツを交換すれば走れる場合もあれば、修理しても動く可能性がない場合もあります。軽度の修理歴がある車はもちろん、素人目にはとても売れないように見える車でも、専門店なら買い取れることがあるので、とりあえず査定を受けてみるとよいでしょう。

広告募集中